すばやく起動。いつも快適。

これからの、ノートパソコンです。

Chromebook

起動がはやい
トラブルが少ない
快適に使える

Chromebook は、インターネットでほとんどのことが完結するクラウド時代に最適化された革新的なノートパソコン。
常に最新版のセキュリティに更新される安全性と、ハイスペックなハードウェアやライセンスが不要なことによる低コストが大きな魅力です。
快適性・安全性・管理のしやすさ・低価格。
これらを実現することで、一括導入を考える企業や教育機関から注目されています。

大幅にコストダウン。端末費用も、管理費用も。

大幅にコストダウン。
端末費用も、管理費用も。

Chrome OS はライセンスが無料。またインターネット端末としてシンプルなハード構成のため、驚くほど低コストです。OS やソフトウェアは基本的に自動更新されるため、面倒な管理はほぼ必要ありません。一般的な端末と比較して、3年間の管理費用が約6分の1にまで削減できる見込みがあります。

安心のセキュリティ、ウィルスや情報漏洩から守ります。

安心のセキュリティ、
ウィルスや情報漏洩から守ります。

インターネット経由で常に最新の機能・セキュリティに自動的に更新。負担となっていた従来のセキュリティパッチ更新による負担は一切ありません。管理の負荷削減を実現しながら、いつも最新、安全な状態で使用できます。また、データを端末内に保存しないため、万一の紛失・盗難にもすばやい対応が可能になります。

起動がはやく、長時間稼働。モバイル性に優れています。

起動がはやく、長時間稼働。
モバイル性に優れています。

わずか数秒で、起動も、終了も。Chrome OS は起動や終了に余分なプログラムを必要としません。また、省電力のモバイル向け CPU で高速動作するため、バッテリーを節約しながら長時間稼働します(約8~10時間)。頑丈・安価・安全・高速。モバイル端末の、優等生です。

お問い合わせ

これまでのパソコンとは、こんなに違います。これまでのパソコンとは、こんなに違います。

従来までの一般的なwindows搭載ノートパソコンと、Chromebook を比較してご紹介します。

OS
ChromebookChromebook
Chrome OS
一般的なWindows搭載
ノートパソコン
Windows OS
端末価格

オープンプライス(約23,000円〜35,000円)と、端末価格は一般的なノートパソコンと比較して安い。

※ライセンス費用がない Chrome OS とクラウドアクセス端末としてハイスペックなハードウェア構成(CPU・メモリなど)を必要としていないため

約70,000円〜150,000円(※目安)と、Chromebook と比較すると高額なものが多い。

※Windows OSのライセンス費用と快適性を保つために、比較的ハイスペックなハードウェア構成(CPU・メモリなど)を必要とするため

起動速度

電源ボタンを押してから約10秒程度でアプリケーションを利用することができる。

20秒〜60秒程度(※目安)で、アプリケーションの立ち上げはさらに時間がかかる可能性がある。

セキュリティ
(ウィルス対策・暗号化)

標準機能として搭載、自動更新される。
原則ブラウザ内での動作のため、ウィルスなどの感染リスクも少ない。

別途セキュリティソフトを購入し、設定・管理を行う必要がある。

バッテリー

標準機能。Chrome Education license(旧 CMC)を使うことでインターネット経由で効率管理が可能。

別途サードパティー製品など対策が必要。

端末管理と制御

標準機能。Education license(旧 CMC)を使うことでを使うことでインターネット経由で効率管理が可能。

別途サードパティー製品など対策が必要。

ビジネス文書の作成

Google ドキュメントを使用。
Officeに代表されるWindowsアプリケーションのインストールができない。

※代わりに、Chrome の拡張機能や Office ファイルを編集できるクラウドサービスでの代用、Windows 環境を仮想化として用意するなどの様々な代替方法が存在する。

Microsoft Office

参加無料

導入検討中から使いこなす方法まで、
実際に Chromebook を使いながら受講するスタイルの Google 共催特別セミナーです。

Teacher Workshop

Teacher Workshop

【管理者向け】G Suite for EducationとChromebook管理ハンズオンセミナー

G Suite for Education と Chromebook 管理ハンズオンセミナー

CS Workshop

CS(Computer Science)
Workshop

セミナー情報の詳細

充実の保証サービス

延長保証で保証範囲が大きく拡大
物損や盗難も対応可能に!

メーカー保証
物損や盗難も対応可能に

※保証範囲は保証プランによって異なります

Chromebook 延長保証サービスの詳細

よくあるご質問よくあるご質問

QChromebook では Microsoft Office などの、これまで使用していた
Windows のアプリケーションを使用できますか?
詳細

A一部の Chromebook では Office アプリケーションを利用することができます。

Android アプリ対応の Chrome OS が搭載されている Chromebook では Google Play リストから Office アプリをダウンロードして利用することが可能です。※ 但し、ディスプレイサイズが10.1以上のものは別途利用料金が必要。

QChromebook はオフラインで使用できますか?詳細

A一部のサービスでは設定やオフライン対応のウェブアプリを使って、インターネット接続がないときでも、Chromebook を使用することができます。

QChromebook のデータはどこに保存されるのですか?詳細

Aファイルデータだけでなく、メールやカレンダーなど全てのデータをクラウドストレージで安全に運用できます。また端末が許す容量の範囲で、ローカルに保存することも可能です。

QChromebook ではUSBやプリンタを従来通り使用できますか?詳細

Aほとんどの機種にはUSBポートが付属しているため、マウス、キーボード、USBメモリといったものは使用可能ですが、プリンターやスキャナーなどはドライバーの問題がありすべてそのまま使用できない場合があります。

そのため印刷などは代わりにインターネットを介して印刷するクラウド対応のプリンターをお使いいただくか、Google クラウドプリントコネクタを有効にしたWindows、Macなどを介して印刷することが推奨されます。