Google for Education のすべてが分かる!
できるシリーズの実践ガイド

Google のクラウド学習ツールである Google for Education の全体像や Classroomなどのアプリを使って実際に授業や教材・資料作りまで分かりやすくご紹介いたします。また話題の Chromebook の活用イメージまでお伝えいたします。

できる Google for Education クラウド学習ツール実践ガイド

できる Google for Education
クラウド学習ツール実践ガイド

□:協同学習と校務省力化、対話的な学びの実現方法がわかります。

□:様々な校務で多忙を極める先生方を助ける機能から、教材の作成方法まで具体的に分かりやすく紹介。

□:一括管理ができるG Suite for Educationの使い方も理解できます。

商品情報

  • 全8章 176ページ
  • B5判
  • 2,000円:税別
  • 株式会社ストリートスマート 著 / できるシリーズ編集部 著
  • 2019年10月3日発刊

これからの時代に最適な学習環境とは

海外では認定資格が教育改革に繋がる動き

近年のインターネット環境の普及やオンラインツールの技術的な発展により、協調性やコミュニケーション力など、子どもたちに求められる資質・能力も変化しています。また、これからの子どもたちは、これまで大人でさえ経験したことのないグローバルで変化の激しい社会の中を生き抜き、新たな価値を生み出していくことを求められています。2020年の教育改革は、まさにそうした未来を生きる子どもたちのための改革となるでしょう。

そうした背景を元に本書では 先生方に向けて、Google が教育機関に向けて提供している「これからの教育現場に最適なICT環境」を実現するためのソリューションである Google for Education についてわかりやすく解説しています。

本の内容本の内容

できる Google for Education
クラウド学習ツール実践ガイド

対象:これから Google for Education を導入、
またはご検討中の学校関係者の皆様、
2020年の教育改革に向けてICT化を進めるご担当者様

第1章Google for Education の
基本を知ろう

第2章授業の教材や資料を
作成しよう

第3章Google ドライブで
ファイルを管理しよう

第4章Classroom で学習管理を
もっとスムーズにしよう

第5章校内外のコミュニケーションを
円滑にしよう

第6章校務管理を
効率化しよう

第7章Chromebookを
活用しよう

第8章G Suite for Education を
設定・管理しよう

活用シーン

課題提出・採点・集計が驚くほど簡単に!

課題提出・採点・集計が
驚くほど簡単に!

先生方の校務の中でも、重要であり時間もかかる部分だからこそ、クラウド化で効率化することで、本来重視すべき「その後」や生徒との時間などにもっと貴重な時間を使うことができることになります。

協同学習と対話的な学びの実現

協同学習と
対話的な学びの実現

2020年教育改革の軸でもある「協同学習」や「校務省力化」そして「対話的な学び」の実現方法が具体的に分かります。
実践的なガイドで教育改革への対策を進めましょう。

先生方を助ける機能と教材作成方法をご紹介

先生方を助ける機能と
教材作成方法をご紹介

様々な校務で日々多忙を極める先生方。そんな日常から救ってくれるような便利な機能から、実際に授業などで使用する教材や資料の作成方法まで具体的に分かりやすくご紹介。さらに一括管理ができるG Suite for Educationの使い方もお伝えいたします。

書籍の購入はこちら

Amazon.co.jpで購入