【master study ニュース】『できる Google for Education SDGs授業実践』の書籍データが追加されました

ICT教育を進める先生の「あったらいいな」が見つかる総合プラットフォーム『master study(マスタースタディ)』にて、大人気書籍シリーズ『できる Google for Education SDGs授業実践 特別版』のデータと付録で紹介しているデジタル教材テンプレートをご利用いただけるようになりました。

「SDGsとは?」「なぜ今SDGsの授業が必要なの?」といった概要から、SDGsを楽しく手軽に授業に取り入れるためのゲーミフィケーションと Google for Education の活用までを詳しく解説。さらに、それらを組み合わせた授業実践のアイデアを、デジタル教材テンプレート付きでご紹介しています。書籍データは master study の基本契約プラン会員様限定、デジタル教材テンプレートは master study にご登録いただくとどなたでもご使用いただけます。ぜひ明日からのSDGsの授業実践にご活用ください。

 

▼新規登録はこちら
『master study』登録ページ

▼ご登録がお済みの方はこちら
『master study』

▼『master study』とは?
明日の授業で使える科目・単元別 教材テンプレートが見つかる!『master study』

SDGs教育と親和性の高いゲーミフィケーション教材と Google for Education™ を活用した授業実践について紹介

累計7,500万部超えの大人気書籍『できるシリーズ』から、新たな特別版(非売品)が発行され、master study でご覧いただけるようになりました。

今回は「SDGs・教育・ICTをつなぐ」をテーマに、さまざまな企業や教育機関と連携してSDGs活動に取り組む株式会社LODU(ロデュ)との共同執筆により、教育現場で役立つ情報と具体的なアイデアを豊富に紹介しています。

書籍の目次と各章のポイント

【目次】

第1章 なぜ今「SDGs」なのか
第2章 楽しく学べる!ゲーミフィケーション教材
第3章 Google for Education の幅広いサポート
付録   SDGsの授業実践アイデア

 

【各章のポイント】

第1章:SDGsの基本的な知識から実際の取り組みまで、SDGsの授業を始めたい先生方に向けて分かりやすく紹介しています。

 

第2章:SDGsという幅広く、さまざまな問題が複雑に絡み合っている概念を、楽しみながら自分事に落とし込むことができるSDGsゲーミフィケーション教材を4つ紹介しています。

 

第3章:GIGAスクール構想の実現とSDGsのゴールとは密接につながり合っています。子どもたちの1人1台端末とクラウド環境を最大限に活かしたSDGs授業を可能にする Google for Education の活用例として、3つのツールを操作方法とともに紹介しています。

 

付録:Google for Education の多彩なツールと、金沢工業大学が開発したゲーミフィケーション教材「THE SDGs アクションカードゲーム X(クロス) 」を組み合わせたSDGsの授業実践のアイデアを、イメージを掴みやすいグラフィックとともにステップに沿って紹介しています。実践に必要なワークシートのテンプレートは、「master study」からコピーして使用することができます。

約385コンテンツ掲載中!1ヶ月コーヒー1杯分で、全コンテンツが1年間使い放題

今回追加された『できる Google for Education SDGs授業実践』コンテンツ以外にも、master study では約385コンテンツを掲載中です。※2022年11月現在

 

基本契約プランには、約270の「デジタル教材テンプレート」や「できる Google for Education」シリーズの書籍データ、子どもたち向けの解説動画教材、授業でのICT活用や校務DXをお伝えする「ライブセミナーのアーカイブ」などもございます。

今後もICT教育をサポートできるコンテンツを随時追加していきます。

 

■『master study』利用料金 ■

基本契約プラン(年額)

  • 教員の方向け 2,970円 (税込)  ※1ヵ月 約248円
  • 企業やフリーランス、個人の方向け 6,600円 (税込)  ※1ヵ月 550円
    ※サブスクリプション(定額課金型)方式

 

Freeプラン

  • 無料で一部のコンテンツをお使いいただけます。

 

▼『master study』のご登録はこちらより
すぐに授業で使える素材集『master study』

 

※Google for Education、Chromebook、Google Chrome、Google Earth および Google スライドは、Google LLC の商標です。

 

\ ICT授業で活用できる教材テンプレートが “無料” で使い放題! /
Google for Education を使ったICT教育を進める先生の
「あったらいいいな」が見つかる総合プラットフォーム『master study』
↓画像をクリックして詳しい内容をチェック!

ICT教育推進やGIGAスクール構想に関するご相談はストリートスマートへ

株式会社ストリートスマートは、2017年に Google 認定の Google for Education Professional Development Partner(専門的能力開発パートナー企業:「PDパートナー」)に認定されました。そして、これまでの教育機関への総合的なICT導入支援実績が認められ、2020年に Transformation (変革)分野の Specialization 取得パートナーとして Google より認定されました。

自治体や教育現場の皆さまが効率的かつ負担なくGIGAスクール構想やICT教育を推進できるよう、状況やご要望に合わせた最適な支援をご提供するGIGAスクール運営支援センターや学校常駐型のICT支援員各種研修、先生のための総合プラットフォーム「master study」など、ICTの導入から活用推進まで、さまざまなアプローチで皆さまに寄り添った支援を行っております。

お困りごとやお力になれることがございましたら、お気軽に弊社『Education事業部お問い合わせ窓口』へお問い合わせください。

〈Education事業部 お問い合わせ窓口〉

メールアドレス:info-edu@street-smart.co.jp
お問い合わせフォーム:https://master-education.jp/contact/

 

最新情報は弊社サイトMASTER EDUCATIONからご覧ください。

<MASTER EDUCATION>
https://master-education.jp/

 

『Education通信』ではICT教育に関わるお役立ち情報を定期的に配信中!

各種SNSをフォローいただくと最新情報をいち早くお受け取りいただけます

🔻Master Education Facebook
https://www.facebook.com/MasterEducation.jp/

🔻master study 公式 Twitter
https://twitter.com/masterstudy_jp

🔻ストリートスマート 公式Twitter
https://twitter.com/Streetsmart_jp

 

※社内利用以外の二次利用は禁止されたコンテンツです。
※本資料に記載されている弊社の商号(株式会社ストリートスマート)以外の商号は
第三者の商号です。また、本資料に記載されているシステム名及びサービス名等、
並びにシステムのアイコン及びユーザーインターフェースのスクリーンショット等に
関する商標権及び著作権等の一切の権利は第三者に帰属しているため、原則として、
当該第三者の許諾なく利用することはできません。

Chromebook や G Suite for Education に
関するご相談はお気軽に

お問い合わせ

この記事を読んだ方にオススメの記事