【メディア掲載】日本教育新聞・教育家庭新聞で『できる Google for Education コンプリートガイド 導入・運用・実践編 増補改訂2版』が紹介されました

2021年3月1月号の「日本教育新聞」「教育家庭新聞」に、株式会社ストリートスマート(以下、弊社)が共著出版した『できる Google for Education コンプリートガイド 導入・運用・実践編 増補改訂2版』が紹介されました。

*教育家庭新聞Web Newsにも配信されています
https://www.kknews.co.jp/post_ict/20210301_3b
https://www.kknews.co.jp/mihon
https://www.kknews.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2021/03/01.pdf

 

この書籍は、Google が教育機関に向けて提供している教育支援ツール『Google for Education』の導入から運用管理、授業での実践までをまとめたコンプリートガイドです。

GIGAスクール構想を推進する教育現場の皆さまをサポートできるよう、実際の操作画面を用いて初めての方でも分かり易く操作手順を解説。
付録には、小中学校の元教員・現ICTのプロである2名が授業指導案をつくるように作成した、「活用事例集」も載せています。

 

2021年3月現在、おかげさまでAmazonの売れ筋ランキング「文書作成ソフト」のカテゴリーで、ベストセラー1位となっております。
この書籍が一人でも多くの先生方や教育現場を支援している皆さまのお役に立ち、子どもたちの教育に還元される一助となりましたら幸いです。

 

▼書籍の詳しい内容は下記よりご覧いただけます
「できる Google for Education コンプリートガイド導入・運用・実践編 増補改訂2版」を発売中

 

■書誌情報

 

〈詳細・ご購入はこちら〉
https://master-education.jp/dekiru_gsuite_for_education/

書名:できる Google for Education コンプリートガイド 導入・運用・実践編 増補改訂2版
著者:株式会社ストリートスマート&できるシリーズ編集部
定価:本体2,200円+税
発売日:2020年12月17日(木)
ページ数:216ページ
サイズ:B5変形判
ISBN:9784295010593

Amazonの書籍情報ページ:こちらからご覧いただけます
書籍情報:https://book.impress.co.jp/books/1120101080

 

ICT教育推進やGIGAスクール構想に関するご相談はストリートスマートへ

株式会社ストリートスマートは、2017年にGoogle 認定の Google for Education Professional Development Partner(専門的能力開発パートナー企業:「PDパートナー」)に認定されました。そして、これまでの教育機関への総合的なICT導入支援実績が認められ、2020年に国内で初めて Transformation (変革)分野のSpecialization取得パートナーとして Google より認定されました。

自治体や教育現場の皆さまが効率的かつ負担なくGIGAスクール構想やICT教育を推進できるよう、学校常駐型のICT総合支援員各種研修など、ICTの導入から活用推進まで、さまざまなアプローチで皆さまに寄り添った支援を行っております。

お困りごとやお力になれることがございましたら、お気軽に弊社『Education事業部お問い合わせ窓口』へお問い合わせください。

 

〈Education事業部 お問い合わせ窓口〉

メールアドレス:info-edu@street-smart.co.jp
お問い合わせフォーム:https://master-education.jp/contact/

 

最新情報は弊社サイトMASTER EDUCATIONからご覧ください。

<MASTER EDUCATION>
https://master-education.jp/

 

『Education通信』ではICT教育に関わるお役立ち情報を定期的に配信中

Facebookページをフォロー又はいいねで最新情報をお受け取りいただけます
<Master Education Facebookページ>
https://www.facebook.com/MasterEducation.jp/

 

※社内利用以外の二次利用は禁止されたコンテンツです。
※本資料に記載されている弊社の商号(株式会社ストリートスマート)以外の商号は
第三者の商号です。また、本資料に記載されているシステム名及びサービス名等、
並びにシステムのアイコン及びユーザーインターフェースのスクリーンショット等に
関する商標権及び著作権等の一切の権利は第三者に帰属しているため、原則として、
当該第三者の許諾なく利用することはできません。

Chromebook や G Suite for Education に
関するご相談はお気軽に

お問い合わせ

この記事を読んだ方にオススメの記事