【GIGAスクール構想】Kickstart Program アンケート報告(2020年10月〜2021年1月)

株式会社ストリートスマート(以下、弊社)では、2020年10月より Google 社の『Kickstart Program』を受託し、全国の教育機関へ Google for Education の研修を実施しています。
今回は、Kickstart Program に対する4か月分(2020年10月〜2021年1月)のアンケート結果を報告いたします。

 

Kickstart Program とは?

GIGAスクール構想による1人1台端末のICT環境を早期に実現し、Google for Education に対する「わからない」「つかえない」を無くすために、Chromebook を採用した全国の自治体・学校を対象に研修を無償で実施する Google 社のサービスです。

弊社は Google 社と連携し、Kickstart Program の研修講師を担当しています。

 

〈関連記事〉
Kickstart Program にて全国の教育機関へ研修を実施しています 

 

日本全国43自治体・3,000名以上の方にご回答いただきました

2020年10月〜2021年1月の4か月間で、日本全国43自治体様に計200回以上の研修をさせていただきました。
Kickstart Program ではステップに合わせ、「プレ研修」「コア研修」「アドバンス研修」の3種類の研修を無償でご提供しています。
実機を用いた体験方式を前提に、Chromebook 導入学校数に応じて最低1回から複数回の研修を実施しています。

 

Kickstart Programより引用

 

 

アンケートは4か月間(2020年10月から2021年1月)、43自治体、3,002名(プレ&コア研修2,700名、アドバンス研修302名)にお答えいただいた内容です

コロナ禍を考慮して受講形態をオンラインに切り替えるなど、感染症対策を実施しながら研修を進めてまいりました。

 

▲オンライン開催は約3割

 

研修の満足度は9割以上が「大変満足」「満足」「期待以上」

まずは、「研修内容」に関する満足度についてです。
こちらはプレ・コア研修・アドバンス研修共に、9割以上が『大変満足』『満足』『期待以上』とお答えいただきました。

 

▲プレ&コア研修 91.8% / アドバンス研修 93.7%(大変満足〜期待以上)

 

 

続いては「講師の説明」に関する満足度について。
こちらも同じく9割以上が『大変満足』『満足』『期待以上』という結果となりました。

 

▲プレ&コア研修 92.8% / アドバンス研修 95.4%(大変満足〜期待以上)

 

▲東京都大田区

 

研修の理解度について(プレ&コア研修)

Kickstart Program では、主に学校内でICTの推進を担う先生方にご参加いただいております。
そのため弊社では、Google for Education を理解し利用できるだけでなく、「第三者へ説明できる」ことも重要だと考えています。

 

そこで研修の理解度について、以下の3種類の質問を用意しました。

  1. ツールの使い方が理解できたか
  2. 明日から利用できると感じたか
  3. 同僚に説明できると感じたか

 

まず、「1.使い方の理解」に関しては、約75%の方に『とても思う』『そう思う』と回答していただき、『ややそう思う』も含めると約95%の方が理解できたという結果になりました。

2.利用できる」に関しては、半数が『とても思う』『そう思う』と回答し、『ややそう思う』も含めると約85%の方に利用できると回答いただきました。

 

 

 

3.同僚に説明できる」については、半数近くの方に『とても思う』『そう思う』とお答えいただき、『ややそう思う』を含めると約8割の方が説明できると回答する結果となりました。

 

 

▲実際に操作していただきながら体感と共に習得していただきます

 

研修の理解度について(アドバンス研修)

アドバンス研修はプレ・コア研修の実践編として、授業実践の基礎をイメージできることをゴールとした研修です。

 

そこで、理解度を測るために以下の質問をしました。

  1. 具体的な授業イメージが掴めたか
  2. これまでより効果的に活用できると感じたか
  3. 同僚からの相談に対応できると感じたか

 

まず、「1.授業のイメージが掴めた」「2.効果的に活用できるか」については、約8割の方が『とても思う』『そう思う』と回答され、『ややそう思う』も含めると約95%の方に具体的な授業のイメージが掴め、効果的に活用できると回答いただきました。

 

 

 

3.同僚の相談に対応できる」については、半数近くの方に『とても思う』『そう思う』とお答えいただき、『ややそう思う』を含めると約8割の方が相談に対応できると感じられたようです。

 

 

▲宮城県仙台市

 

講師への満足度は9割以上が「大変満足」「満足」「期待以上」

講師への満足度は「スキル」と「態度・話し方」共に、9割以上の方に『大変満足』『満足』『期待以上』とご回答いただきました。

 

▲スキル 92.7% / 態度や話し方 94.5%(大変満足〜期待以上)

 

記述式の自由回答には、

「講師の先生の説明が明瞭で、スムーズに操作を覚えることができました」
「説明も丁寧で端末関係が苦手な私にもよく理解できました」
「資料も詳細でわかりやすく、講師の演示も的確で良さを実感できる研修だった」
「先生の立場に立って話して下さり、すごくわかり易かった」

など、講師に対する身に余るお言葉もいただきました。

 

▲講師による音声入力の実演

 

Kickstart Program に対する率直なご意見(一部抜粋)

最後に、Kickstart Program に対するご意見を一部抜粋してご紹介させていただきます。

 

良かった点・分かりやすかった点

「良かった点」に関して以下の内容を多くいただきました。

  • 実機を用いての操作体験 / 教員生徒両画面の体験
  • 疑問質問がその場で解決できる
  • 他の市の事例や他校とのアイデア共有など、他を知れること
  • 理解しイメージできることでICT教育への不安解消
  • 弊社の研修内容・講師の分かりやすさ  等

 

▲アンケート内容一部抜粋

 

改善できる点

「改善できる点」に関しては、以下の内容をいただきました。

  • 見返せる資料や研修動画が欲しい
  • 教員全員が受講してほしい
  • 後ろの席のスクリーンの見やすさ
  • 時間組み
  • ネット環境  等

 

▲アンケート内容一部抜粋

 

研修全体についてのご意見・ご要望

最後に研修全体についてのご意見やご要望です。
Kickstart Program の受講前後の考えの変化や、継続的な研修希望、学校への講師派遣・ヘルプ体制などのご要望を多数いただきました。

 

▲アンケート内容一部抜粋

 

2021年新年度から1人1台端末が配備完了となる学校も増えてまいりますので、引き続きICT教育を推進する一助となれるよう精進してまいります。

 

ICT教育推進やGIGAスクール構想に関するご相談はストリートスマートへ

株式会社ストリートスマートは、2017年にGoogle 認定の Google for Education Professional Development Partner(専門的能力開発パートナー企業:「PDパートナー」)に認定されました。そして、これまでの教育機関への総合的なICT導入支援実績が認められ、2020年に国内で初めて Transformation (変革)分野のSpecialization取得パートナーとして Google より認定されました。

自治体や教育現場の皆さまが効率的かつ負担なくGIGAスクール構想やICT教育を推進できるよう、学校常駐型のICT総合支援員各種研修など、ICTの導入から活用推進まで、さまざまなアプローチで皆さまに寄り添った支援を行っております。

お困りごとやお力になれることがございましたら、お気軽に弊社『Education事業部お問い合わせ窓口』へお問い合わせください。

 

〈Education事業部 お問い合わせ窓口〉

メールアドレス:info-edu@street-smart.co.jp
お問い合わせフォーム:https://master-education.jp/contact/

 

最新情報は弊社サイトMASTER EDUCATIONからご覧ください。

<MASTER EDUCATION>
https://master-education.jp/

 

『Education通信』ではICT教育に関わるお役立ち情報を定期的に配信中

Facebookページをフォロー又はいいねで最新情報をお受け取りいただけます
<Master Education Facebookページ>
https://www.facebook.com/MasterEducation.jp/

 

※社内利用以外の二次利用は禁止されたコンテンツです。
※本資料に記載されている弊社の商号(株式会社ストリートスマート)以外の商号は
第三者の商号です。また、本資料に記載されているシステム名及びサービス名等、
並びにシステムのアイコン及びユーザーインターフェースのスクリーンショット等に
関する商標権及び著作権等の一切の権利は第三者に帰属しているため、原則として、
当該第三者の許諾なく利用することはできません。

Chromebook や G Suite for Education に
関するご相談はお気軽に

お問い合わせ

この記事を読んだ方にオススメの記事