【レポート】教育総合展(EDIX)関西2021にて「Google Workspace for Education 活用セミナー」を実施しました

株式会社ストリートスマート(以下、弊社)は、2021年6月23日〜25日に開催された『教育総合展(EDIX)大阪』にて、Google Workspace for Education 活用セミナーを行いました。

 

教育総合展(EDIX)関西 とは?

 

 

教育総合展(EDIX)関西とは、「教育ITソリューションEXPO」「学校施設・サービスEXPO」「STEAM教育EXPO」「保育・幼稚園ICT化EXPO」「人材育成・研修EXPO」の5展で構成された教育分野の西日本最大の展示会。
教育現場の課題解決に役立つ製品・サービス等の展示だけでなく、文部科学省や学校トップによるセミナーも開催。教育委員会や教職員、企業の人事研修部門など、2021年は3日間で約6,000名が来場されました。

 

学校教員や企業の方など、予定席数を超えた参加者数で開催

株式会社電算システム様のセミナーブースにて、Google Workspace for Education の活用セミナーを開催いたしました。

 

 

小学校から大学・専門学校等の先生方だけでなく、企業の方々にもお越しいただき、予定していた席数を大幅に超えた参加者数での実施となりました。

 

 

GIGAスクール構想の目的から、Google Workspace for Education の授業・校務での活用まで紹介

1・3日目は、埼玉県立総合教育センター様と弊社が協働した官民連携事業「まなプロ」にて完成させた「ICT活用レシピ集」を題材に、〈指導案に沿った Google Workspace for Education の活用〉を紹介していきました。

2日目は、校務編として〈校務で使える Google Workspace for Education の活用〉を紹介いたしました。

 

 

3日間全てにおいて、冒頭でお伝えしたのは「GIGAスクール構想」の本来の目的。
GIGAスクール構想は、1人1台配られる “端末を使うこと” がゴールではありません。

子どもたちがインターネットを通して世界中とつながり、情報を集め、多面的に考え、「未来を創造する力」を身につけるための取り組みです。また、Google Workspace for Education などのICTツールを活用することで、アナログではできなかったことが可能になり、従来の教育が進化(デジタライゼーション)することです。

GIGAスクール構想の意図を再度認識していただいた後は、Google Workspace for Education を活用することで、従来の教育からどう進化できるのかを紹介していきました。

 

関連記事:
世界最大規模の教育ICT 展示会Bett Show in ロンドン / 欧州ICT教育先進校を視察しました
【徹底解説】今さら聞けないGIGAスクール構想とは?基本から実施スケジュール、文部科学省の支援まで解説

 

 

Google Workspace for Education の共有機能を活かした協働学習では、他者の意見にふれることで、物事を多面的に見ることができるだけでなく、自身の考えを深めたり、アイデアを膨らませたりもできます。

それ以外にも、多様な子どもたちのそれぞれのいいところを活かし、より主体的に学べることや、何らかの理由で教室に来れない子どもたちも授業に参加できることなど、アナログではできなかった部分をお伝えしていきました。

 

「今は一部ですが、学校全体で使っていきたいです」

20分間という短いセミナー時間ではありましたが、終始真剣に耳を傾けていただき、頷いたりメモを取られたりする方も非常に多くいらっしゃいました。

特に、これまで授業の理解度を、子どもたちの表情や反応などから “肌感覚で把握” していたのを、Google フォームを活用することで、簡単かつ正確に “数字で把握” できることや、積極的に発言できない子も Google フォームであれば回答しやすい、といった内容で反応してくださる方が多くいらっしゃいました。

 

(セミナー資料より)

 

登壇後、「今はまだ一部の先生しか使っていませんが、学校全体で Google for Education™ を使っていきたい」「先生への研修機会をつくりたい」など、嬉しいお声がけをいただきました。

新年度を迎え、全国の学校では1人1台端末が届き本格的な活用へと移行されていることと存じます。今回のセミナーが、少しでもお役に立てましたら幸いです。

 

※Google for Education は、Google LLC の商標です。

 

 

\ ICT授業で活用できる教材テンプレートが “無料” で使い放題! /
Google for Education を使ったICT教育を進める先生の
「あったらいいいな」が見つかる総合プラットフォーム『Master Study』
↓画像をクリックして詳しい内容をチェック!

 

ICT教育推進やGIGAスクール構想に関するご相談はストリートスマートへ

株式会社ストリートスマートは、2017年にGoogle 認定の Google for Education Professional Development Partner(専門的能力開発パートナー企業:「PDパートナー」)に認定されました。そして、これまでの教育機関への総合的なICT導入支援実績が認められ、2020年に国内で初めて Transformation (変革)分野のSpecialization取得パートナーとして Google より認定されました。

自治体や教育現場の皆さまが効率的かつ負担なくGIGAスクール構想やICT教育を推進できるよう、学校常駐型のICT総合支援員各種研修など、ICTの導入から活用推進まで、さまざまなアプローチで皆さまに寄り添った支援を行っております。

お困りごとやお力になれることがございましたら、お気軽に弊社『Education事業部お問い合わせ窓口』へお問い合わせください。

 

〈Education事業部 お問い合わせ窓口〉

メールアドレス:info-edu@street-smart.co.jp
お問い合わせフォーム:https://master-education.jp/contact/

 

最新情報は弊社サイトMASTER EDUCATIONからご覧ください。

<MASTER EDUCATION>
https://master-education.jp/

 

『Education通信』ではICT教育に関わるお役立ち情報を定期的に配信中

Facebookページをフォロー又はいいねで最新情報をお受け取りいただけます
<Master Education Facebookページ>
https://www.facebook.com/MasterEducation.jp/

 

※社内利用以外の二次利用は禁止されたコンテンツです。
※本資料に記載されている弊社の商号(株式会社ストリートスマート)以外の商号は
第三者の商号です。また、本資料に記載されているシステム名及びサービス名等、
並びにシステムのアイコン及びユーザーインターフェースのスクリーンショット等に
関する商標権及び著作権等の一切の権利は第三者に帰属しているため、原則として、
当該第三者の許諾なく利用することはできません。

 

Chromebook や G Suite for Education に
関するご相談はお気軽に

お問い合わせ

この記事を読んだ方にオススメの記事