【ICT支援員】3つの方針による支援内容|東京都町田市全62校 令和3年度上期支援レポート

株式会社ストリートスマート(以下、弊社)では、東京都町田市へICT支援員の派遣を行っています。2020年1月、先行して町田市ICT教育推進モデル校3校の支援から始まり、2020年4月より町田市の公立小中学校全62校へ拡充して支援2年目となりました。

本記事では、町田市全62校への令和3年度上期(2021年4月~2021年9月)の支援レポートとして、ICTの導入から活用フェーズへと移行している町田市様に対する、「3つの方針」を軸とした支援内容をお届けいたします。

 

▼授業での Google for Education™ 活用事例はこちら
町田市全62校 令和3年度上期支援レポート〜 Google for Education 授業活用事例〜

 

▼支援後の先生方のリアルなお声はこちら
町田市全62校 令和3年度上期支援レポート〜アンケート結果〜

 

東京都町田市について

東京都町田市教育委員会では、町田市基本計画「まちだ未来づくりプラン」に基づき、2017年度からICT環境整備に着手。ICTが教育へもたらす効果を検証するため、小学校2校と中学校1校を「ICT教育推進モデル校」として設定し、効果的な活用方法や教育への効果を検証するなど、「教育で選ばれるまちだ」を目指し積極的にICT教育を推進しています。

 

「ボトムアップ」「オンライン化」「共有と連携」3つの柱で支援を実施

町田市は1人1台端末の「導入」から、授業や校務で利活用が進む「定着・活用」フェーズへと移行しています。
そこで令和3年度は、

  • 町田市全域での「定着・活用」を効率よく効果的に加速させる
  • 「自立・自走」のための環境整備を進め強化する

これらを目的に、「ボトムアップ」「オンライン化」「共有と連携」の3つの方針を掲げ、新たなICT支援体制を進めてまいりました。

 

 

  • ボトムアップ

学校からのご依頼ベースでの常駐訪問から、活用が滞っている学校への重点的な常駐訪問支援へ。62校のICT活用度合いのバラつきを埋め、町田市全体でのボトムアップを図る。

  • オンライン化

訪問時に実施していた学校単位の研修から、誰でも参加可能なテーマ別オンライン研修の定期開催へ。気軽に相談できる環境を整え、オンラインコンテンツを充実させることで、「自立・自走」環境を醸成する。

  • 共有と連携

学校を越えたチャットスペースの作成・運営や、情報ポータルサイトへのコンテンツ提供など、情報共有と連携の環境を整えることで学校間の連携強化を図る。

 

ボトムアップ|重点支援校すべてに常駐訪問支援を実施、「ICTのことは気軽にプロに聞ける」認知を形成

ボトムアップ支援では、ICT活用度合いに対する各校の自己評価と、弊社のこれまでの支援実績や浸透度合いを基に分析し、重点支援校すべてに常駐訪問を実施しました。

ご多忙な先生方にとって、ICTの活用を進めづらいのは当然で、初期段階でいかに利活用への心理的・物理的ハードルを下げるかが重要です。そこで、オンライン研修やコンテンツ提供などの外側からの支援ではなく、常駐訪問を定期的にさせていただき、授業帯同や質疑応答、放課後研修など内側からの支援を重点的に行いました。

 

▲放課後研修の様子

 

「ICTのことは気軽にプロに聞ける。」と認知が広がることで、積極的に支援のご要望をいただく関係性を構築できています。引き続き、継続的に支援ができる土壌を作り、各校のICT活用状況の把握と状況に則した支援を進めていく予定です。

オンライン化|指導課様と連携して「テーマ別オンライン研修」を定期開催

支援1年目は、学校単位の研修を主としていましたが、学びや質問が多様化してきたため、指導課様と連携して、誰でも参加可能な「テーマ別オンライン研修」を定期開催しました。

第1回目の「Chromebook™ と Google ドライブ™ の基礎研修」を皮切りに、Google Workspace for Education にフォーカスした「アプリ研修」や、直近の単元を元に授業の流れを児童生徒・教師目線でご体感いただく「授業事例研修」など、さまざまなテーマで実施しました。

 

▲第5回テーマ別研修(ICT活用 小学校高学年/中学生向け)の様子

 

学校単位ではないため、一回の研修で多くの学校の先生に発信できるだけでなく、テーマ別にすることで、より具体的な研修内容をお届けすることができ、研修後アンケートでも満足度が高い結果となりました。
オンライン研修を充実させることで、興味関心のある回だけ参加したり、継続して参加し続けたりと、学びたい人が学べる環境を整えることができました。

 

▲テーマ別研修 実施後アンケート抜粋

 

その他にも、直接弊社へ気軽に質問できる「チャットスペース」を全62校分開設し、夏休み期間には出入り自由な「オンライン相談会」を開催するなど、先生方が相談しやすい環境を整備いたしました。

引き続きオンライン化を充実させることで、より多くの先生へ支援を届け、「自立・自走」環境を醸成する予定です。

 

共有と連携|学校の垣根を越えたチャットスペースを運営、教材コンテンツを定期的にご提供

町田市全体で教育のICT化を成功させるには、学校の垣根を越えた「共有と連携」が重要です。そこで、各校の「ICT推進担当者」や「ICT推進副担当者」だけのチャットスペースを作成し、情報共有ができる環境を整えました。チャットスペースでは、先生同士で質問したり情報を提供しあったりと、良い形で活用していただいております。

また夏休み期間には、他校の先生とお話しできる「オンライン座談会」を実施。
他にも、先生方からのご依頼などで作成した教材や手順書などのコンテンツを毎月10-15本ほど作成し、情報ポータルサイト「Master Learning」に掲載。誰でも自由にコピーして使用していただけます。

 

▲「Master Learning」掲載コンテンツ一部

 

引き続き、町田市全体での情報共有と連携の環境を整えることで、学校間の連携強化を図る予定です。

 

支援2年目。教育委員会様と「施策アイデア→検討→実現」の流れが定着、アンケートを一本化

支援2年目となり、教育委員会様と弊社で「どんな施策があれば町田市のICT教育を推進していけるか」「先生方が作成した教材を横連携できないか」など、一緒にアイデアを出し合い、検討し、実現していく、という流れが定着してきました。

その一例として、先生方の負担軽減を目的にアンケートの一本化を実現。これまで、さまざまなフォーマットで来ていたアンケート依頼を一本化するため、教育委員会様と弊社で検討を重ね、アンケートフォームの作成は弊社が行い、先生方への周知は教育委員会様よりしていただき、実現することができました。

また、長期で支援させていただくことで「Chromebook や Google 関係のことは気軽にプロに聞ける。」と認知度が上がり、より多くの先生方へ支援を届けられるようになっています。

 

令和3年度下期も「3つの方針」をより強化・定着させていく

 

令和3年度上期では、「ボトムアップ」「オンライン化」「共有と連携」の3つを軸に、新しい支援を多数実施してまいりました。
下期も引き続き、夏休み限定開催だった「オンライン相談会」「オンライン座談会」の定期開催や、学校を越えた「チャットスペース」の作成促進、重点支援校以外の常駐訪問など、支援を強化していく所存です。

 

▼授業での Google for Education 活用事例はこちら
町田市全62校 令和3年度上期支援レポート〜 Google for Education 授業活用事例〜

 

▼支援後の先生方のリアルなお声はこちら
町田市全62校 令和3年度上期支援レポート〜アンケート結果〜

※Google for Education 、Chromebook 及び Google ドライブは Google LLC の商標です。

 

 

\ ICT授業で活用できる教材テンプレートが “無料” で使い放題! /
Google for Education を使ったICT教育を進める先生の
「あったらいいいな」が見つかる総合プラットフォーム『master study』
↓画像をクリックして詳しい内容をチェック!

 

「GIGAスクール構想」「ICT支援員」に関するオススメ記事

▽「ICT支援員」に関する記事一覧

https://master-education.jp/column/column_tag/ict_support_staff/

 

▽ICT支援員とは?まとめ記事
【ICT支援員まとめ:前編】支援内容や成果、学校現場の状況などを解説
【ICT支援員まとめ:後編】ICT教育の必要性や支援員のあるべき姿を解説

 

▽東京都町田市|ICT支援員
*ICT教育推進モデル校
3か月間レポート(2020年1〜3月)

 

*町田市全62校
▶︎令和2年度上期
支援内容 / Google for Education 活用事例
アンケート結果

 

▶︎令和2年度1年間
支援内容 / Google for Education 活用事例(授業・校務
アンケート結果

 

▶︎令和3年度上期
・「3つの方針」による支援内容
Google for Education 授業活用事例
アンケート結果

 

長野県上伊那郡中川村|ICT支援員
長野県中川村|3か月間レポート(2020年11月〜2021年1月)

 

東京都伊豆諸島|ICT支援員
東京都伊豆諸島6島|3か月間レポート(2021年1〜3月)

 

Google for Education に関する書籍・動画教材・資格取得
できる Google for Education コンプリートガイド導入・運用・実践編 増補改訂2版
忙しい先生方に最適な学習支援サイト「Master Learning」
Google 公式認定資格「認定教育者レベル2」オンライン資格取得セミナー

 

ICT教育推進やGIGAスクール構想に関するご相談はストリートスマートへ

株式会社ストリートスマートは、2017年に Google 認定の Google for Education Professional Development Partner(専門的能力開発パートナー企業:「PDパートナー」)に認定されました。そして、これまでの教育機関への総合的なICT導入支援実績が認められ、2020年に国内で初めて Transformation (変革)分野のSpecialization取得パートナーとして Google より認定されました。

自治体や教育現場の皆さまが効率的かつ負担なくGIGAスクール構想やICT教育を推進できるよう、学校常駐型のICT支援員各種研修など、ICTの導入から活用推進まで、さまざまなアプローチで皆さまに寄り添った支援を行っております。

お困りごとやお力になれることがございましたら、お気軽に弊社『Education事業部お問い合わせ窓口』へお問い合わせください。

 

〈Education事業部 お問い合わせ窓口〉

メールアドレス:info-edu@street-smart.co.jp
お問い合わせフォーム:https://master-education.jp/contact/

 

最新情報は弊社サイトMASTER EDUCATIONからご覧ください。

<MASTER EDUCATION>
https://master-education.jp/

 

\『Education通信』ではICT教育に関わるお役立ち情報を定期的に配信中/
Facebookページをフォロー又はいいねで最新情報をお受け取りいただけます
<Master Education Facebookページ>
https://www.facebook.com/MasterEducation.jp/

 

ストリートスマート公式Twitterでも最新情報を配信中!
<ストリートスマート 公式Twitter>
https://twitter.com/Streetsmart_jp

 

※社内利用以外の二次利用は禁止されたコンテンツです。
※本資料に記載されている弊社の商号(株式会社ストリートスマート)以外の商号は
第三者の商号です。また、本資料に記載されているシステム名及びサービス名等、
並びにシステムのアイコン及びユーザーインターフェースのスクリーンショット等に
関する商標権及び著作権等の一切の権利は第三者に帰属しているため、原則として、
当該第三者の許諾なく利用することはできません。

Chromebook や G Suite for Education に
関するご相談はお気軽に

お問い合わせ

この記事を読んだ方にオススメの記事